maychanham32’s blog

夫は有名大学大学院の理系出身です。ダイエットや健康サポートなどに関するブログを書いています。よろしくお願い致します。

「生酵素サプリ」配合成分に驚き!「ダイジェザイム」「レジスタントプロテイン」「シンデレラ乳酸菌」

今回は「うらら酵素という穀物麹を使用した生酵素サプリをご紹介したいと思います。

 

 

 ★うらら酵素 7つのポイント

 

 

1

 

穀物9種を麹菌3種で発酵させた「穀物麹」

幅広い環境で働く酵素が豊富に含まれており、なんとその数は30種以上です。

なかでもアミラーゼは炭水化物、プロテアーゼはたんぱく質、リパーゼは脂質を分解します。

 

2

 

 

273種の植物発酵エキスを使用

 

3

 

特許成分酵母ペプチドを使用

 

 

スーパー酵素と言われるダイジェザイム酵素を使用

 

レジスタントプロテイン含有酒粕酵母で体脂肪を抑制・代謝アップ

 

6

 

菌活成分配合で腸内環境改善

今話題の乳酸菌を配合(シンデレラ乳酸菌H-61株、ナノ型乳酸菌Nef)

 

シンデレラ乳酸菌は特許を取得しており、若々しい生活へ導いてくれるとされる期待の成分です。

 

ナノ型乳酸菌Nefはヒト由来の乳酸菌を特許製法でナノ化処理し吸収性を高めたものです。

 

 

らくとくコース(毎月自動お届け定期コース)初回無料

 

 

うらら酵素を飲むことで、ダイエットに効果があり、腸内環境改善で美容にも健康にも効果が期待できるということです。

 

 

 

信頼性・安全性

 

GMP認定工場で製造

GMPとは「各製造工程における人為的な誤りの防止」「製品そのものの汚染及び品質低下の防止」そして「全製造工程を通じた一定の品質の確保」といった、製造所における製造管理、品質管理基準のことです。

 

こうした基準をクリアした工場での製造によって「製品の安全性」や「一定の品質」が保たれているだけでなく、品質についての徹底した管理・検査の実施によって安全安心が確保されているといえます。

 

健康や美容のために習慣として取り入れるものだからこそ、配合されている成分や配合量だけでなく安全安心にこだわり抜かれているのは魅力的です。

 

また、香料、合成着色料、保存料、防腐剤、膨張剤などの添加物は一切使用していないのも安全でいいですよね。

 

 

 

ダイエット・美容・健康に良いこと

 

9種類の穀物と3種の麹菌を使った寿穀麹酵素

20180710073604

20180710073843

寿穀麹

・速やかな栄養素の吸収を望まれる方

・筋肉を増やし活力ある生活を目指す方

・お腹のコンディションに不安を感じている方

に適しています。

 

3種類の活きた麹菌

20180710073719

白麹菌

発酵クエン酸をつくるので、酸性に強い酵素を持ち、マイルドな風味の焼酎やワインのようにフルーティーな日本酒を造るために使用される麹菌です

 

黒麹菌

発酵クエン酸をつくるので、酸性に強い酵素を持ち、泡盛や重厚な風味の焼酎を造るために使用される麹菌です。

 

黄麹

中性で効果の高い酵素を持ち、味噌、醤油、豊かな味わいや華やかな香味の日本酒を造るために使用される麹菌です。

 

白・黒・黄色3種の性質が異なる麹菌を使用しています。

酸性から中性まで幅広い条件で活躍する酵素が含まれています。

 

うらら酵素では30種類以上の麹酵素が活躍

3種類の麹菌で仕込んだ麹には、幅広い環境で活発に働く酵素が豊富に含まれており、なんとその数30種類以上です。

 

なかでもアミラーゼは炭水化物、プロテアーゼはたんぱく質、リパーゼは脂質を分解します。

 

酵母は熱に弱いので

酵母は熱に弱く48度以上ではほぼ破壊されてしまいます。

 

そのため、酵母は非加熱の生であることが重要です。

 

うらら酵素

 

39種類の非加熱処理素材

 

フリーズドライ製法で顆粒状にした発酵エキスには熱が加わっていないので生きたままの酵母がたっぷり含まれています。

 

 

234種の醸造発酵エキス

野菜や果実にヨモギやウコン、アロエなどの野草を加え醸造発酵させたエキスには酵素の働きを助けるビタミンや・ミネラルが豊富です。

 

 

 

 

特許成分酵母ペプチドを使用

20180710074003

 

美容大国韓国の大学で研究され、特許を取得した酵母ペプチドを配合。

 

食欲抑制効果が期待でき、ダイエット時の物足りなさへアプローチし、満足感をサポートします。

 

酵母ペプチドを摂っていれば、必要以上に食べずにすむので、特に食欲コントロールができずに悩む人にはおススメの成分です

 

 

スーパー酵素と言われるダイジェザイム酵素を使用

20180710074118

ダイジェザイム

ダイジェザイムと呼ばれる酵素は人が体内で作れない酵素で、5つの消化酵素活性を含む植物性発酵素材です。

 

ダイジェザイム酵素というのは人の体内で生成する事はできないため、野菜やフルーツなどの植物から摂取していく必要があるものとなります。

 

ダイジェザイム酵素の5つの成分とその効果について

 

 

炭水化物を分解するアミラーゼ

アミラーゼは消化酵素の一種で、デンプンなどを糖へと分解するサポートとして、食べたものをスムーズに消化できるように助けてくれる働きもある成分です。

 

タンパク質の分解を助けるプロテアーゼ

プロテアーゼはタンパク質を分解する働きを持つ酵素です。肉類などを食べたらタンパク質をたくさん摂取することになりますが、そうして摂取されたタンパク質を分解してくれるので胃腸の健康を保つために必要な成分となります。

 

プロテアーゼが不足していると肉を食べたらすぐに胸焼けや胃もたれで気持ち悪くなるような状態となりますので、そういった症状に心当たりがある場合はプロテアーゼ不足であるということも考えられますね。

 

脂肪を分解するリパーゼ

リパーゼは脂肪を溶かして分解する酵素となっており、胃液や腸液などにも含まれます。食事で摂取した脂肪が優先されて分解されるようになり、その後もまだ余裕が有るようなら内臓脂肪や皮下脂肪へとアプローチしていくようになります。

 

脂肪を摂りすぎるのは控えるべきですが、リパーゼを増やす方向で脂肪の蓄積を防ぐということもできます。そのためリパーゼはダイエットをサポートするためにも活用させることが多い酵素となっています。

 

 

食事で脂肪が多いものを食べすぎたりしてリパーゼが不足してくると脂肪が蓄積する原因にもなってきます。

 

 

食物繊維をオリゴ糖に分解するセルラーゼ

ダイジェザイム酵素の中では比較的地味ですが、セルラーゼは食物繊維などの繊維質をオリゴ糖などの糖へと分解する働きがある酵素です。

 

ヒトの体内では作り出すことができない酵素なので食事やサプリなどで適度に摂取する必要があります。

 

食物繊維は体に良いし便秘の抑制にも効くという話はありますが、食物繊維の多すぎると逆に便秘や下痢になったり腹痛を起こしやすくなるなどといった問題点も出てきます。

 

セルラーゼを摂取して増やす方向で対策をしていけば食物繊維の暴走を防ぐこともできます。

 

乳糖分解に効果的なラクターゼ

ラクターゼは乳糖分解酵素と呼ばれることもある酵素で、体内に取り入れることによってその名の通り乳糖を分解することができます。

 

乳糖というのは牛乳や乳製品などに含まれる成分のことで、乳糖を分解できないヒトなどは乳製品を摂取した時にお腹がゴロゴロして下痢になってしまうなど色々と問題が出てくることもあります。

 

ラクターゼが欠損しやすい体質の方は乳糖不耐症になることもあります。ダイジェザイム酵素ではラクターゼも取り入れることができるので乳糖を難なく分解できるように対策をしていくことができます。

 

 

ダイジェザイム酵素はこれら5つの酵素が全て合わさった酵素ということになるのでどれだけ健康に効果的であるかは見ての通りですぐにわかると思います。

 

 

一つ一つを意識して摂取しようとすると必要になる食材なども変わってくるのでかなり大変ですが、ダイジェザイム酵素を摂取するだけでそういった大変さがなくなるという点はメリットになってくるのではないでしょうか。

 

 

ダイジェザイム酵素はダイエットにも最適なスーパー酵素

 

酵素ダイエットなどの流行から酵素のことを知った人も多いと思いますが、ダイジェザイム酵素は普通の酵素よりもさらに幅広い効果が期待できるためスーパー酵素と言われることもあります。

 

それくらいダイエットに対しても効果を発揮してくれるのがダイジェザイム酵素なのです。

 

代謝が促進されるだけではなく消化や吸収なども効率よく進めることができるので、結果的に腸内環境も整ってくるようになります。

 

すると肌がこれまでよりもキレイになったり、便通が改善されるなど嬉しい健康効果も得られるようになります。

 

ダイジェザイム酵素をダイエット目的で取り入れていきたいという場合は、しっかりダイジェザイム酵素が含まれていることが明記されている健康食品を選ぶようにしていくのが理想的です。

 

 

レジスタントプロテイン含有酒粕酵母で体脂肪を抑制・代謝アップ

20180710074213

レジスタントプロテイン

 

体脂肪を抑制する

 

レジスタントプロテインには、摂取した脂肪分を吸収して排出するという効果があります。

 

レジスタントプロテインは、たんぱく質なのですが、食物繊維と同じように人の体内で消化酵素により消化されることはありません。

 

これによりレジスタントプロテインは、腸内で余分な脂肪やコレステロールを吸収します。

 

吸収された余分な脂肪は、便ともに体外へと排出されます。

 

つまり、レジスタントプロテインを摂取することにより、体脂肪を減らすことへとつながり、コレステロール値も下げることにもなります。

 

また、食物繊維と似た働きをするのがレジスタントプロテインですので整腸作用にも当然期待が持てます。

 

不要な脂肪とともに便の排出も促しますので自然と便秘も解消されます。

 

 

 

代謝をアップさせる

レジスタントプロテインを摂取することで代謝を上げることができます。

 

代謝を上げることによりダイエットへの効果へと繋がります。

 

特に加齢による基礎代謝の低下の場合は、様々な方法で対処が必要です。

 

しかし、レジスタントプロテインを毎日継続して摂取することで基礎代謝を上げることが可能になるそうです。

 

 

 

菌活成分配合で腸内環境改善

今話題の乳酸菌を配合(シンデレラ乳酸菌H-61株、ナノ型乳酸菌Nef)

 

シンデレラ乳酸菌

 

肌の保湿や整腸作用が期待できる成分で、特許も取得しています。

 

ナノ型乳酸菌Nef

 

ヒト由来の乳酸菌を特許製法で細かく処理し、吸収を高めた成分です。

 

少量でも乳酸菌を吸収でき、整腸作用が期待できます。

 

 

 まとめ

うらら酵素には、効果がたくさんあるいろいろな成分が1粒にギュッと凝縮されているので、1日2粒で沢山の種類の栄養を補うことができ、その効果が期待できます。

 

うらら酵素を摂ることで、肌の調子だけでなく体調や、痩せにくい体作りにもつながっていくので、リバウンドで失敗した経験のある方にはおススメです。

 

 

酵素のお話し

 

酵素の嬉しい効果のひとつに「腸内環境を整える」というものがあります。

 

「うらら酵素」には乳酸菌も配合されているので、酵素と相乗効果が期待できます。

 

また、酵素は、ダイエット効果だけでなく、美容にもいいことや健康にメリットがあります。

 

 

酵素ダイエットとは?

 

酵素ダイエットは、加齢やストレス、不規則な食生活によって不足した酵素サプリメントなどで補いダイエットすることです。

 

酵素は、元々身体に存在しているものなのです。

それが、加齢や、ストレス、添加物の多い食生活をすることが原因で体内酵素が減ります。

 

酵素が減ると、消化のための消化酵素も減ることになり太りやすくなるということです。

 

これを、酵素サプリを飲むことで、体内の酵素を補います。

酵素サプリは、痩せやすい体つくりをするために飲みます。

 

酵素ダイエットをする最大のメリットは、

美容効果もあり、

健康にもいい

という2点です。

 

酵素は、ダイエット効果だけでなく、美容にもいいことや健康にメリットがある。

こういったことから、酵素ダイエットが人気になりました。

 

それゆえにここ数年の健康ブームも手伝い酵素について詳しい女性も増え、事実様々なスタイルで手軽に酵素を補給できるアイテムがとても増えました。

 

そんな体内の酵素量を補い、ダイエット、美容をサポートするサプリメント「うらら酵素です。

 

 

 

酵素不足で痩せにくい体になってしまう理由

 

ダイエットに失敗する人の中には、足りていないものがあります。

 

実は「酵素不足」が原因のことも多いのです。

 

それではなぜ酵素が不足すると痩せにくくなるのでしょうか?

 

カロリー計算にばかり気を取られ、「消費カロリーを多くして、摂取カロリーを少なくすること」のみにこだわり過ぎると、代謝が低下してしまう場合があります。

 

ビタミン・ミネラル不足が原因です。

 

ダイエット時に代謝が低下しているサイン

次のような時は代謝が低下しているサインの場合があります。

 

・疲れやすい

・美容トラブルが気になる

・化粧ノリが悪い

・運動しても結果がでない

 

栄養を摂っているつもりが酵素不足となり、痩せないばかりかリバウンドをしやすい身体のままダイエットを続ける事になります。

 

 

ダイエット中に酵素は重要!

ダイエットに最も必要なのが「代謝」です。

 

この代謝をダイエット中でも正常に保つのに必要なものが酵素です。

 

 

2種類の酵素

 

酵素には消化酵素代謝酵素があり、この二つの機能が正常に働いていなければ、ダイエットはなかなか成功しません。かえってリバウンドしてしまうおそれもあります。健康や美容にも悪影響を及ぼす場合も多くなります。

 

消化酵素

消化酵素は摂取した食物を消化する働きをする酵素です。

 

ところが、消化酵素が不足した状態だと、この消化が上手に行われず、消化不良の状態になります。

 

食事制限をしているのに痩せないのは、消化酵素の不足による消化不良が原因なのです。

 

消化不良が起こると栄養素が吸収されないだけでなく、消化しきれなかった残留物が腸内腐敗菌を増殖させ、体内に毒素が充満します。

 

毒素が充満すると細胞の代謝が悪くなり、細胞が老廃物を排出できない「便秘」のような状態になってしまいます。

 

新陳代謝は更に悪くなり、免疫力も低下し、当然ながらより脂肪をため込みやすい身体が作られてしまいます。

 

 

 

代謝酵素

エネルギーを消費する酵素です。

 

代謝酵素というのは、私たち人間が呼吸したり、身体を動かしたり、考えたり、記録したりと言ったように生命活動が新陳代謝をつかさどっている酵素です。

 

 

消化酵素が不足している状態で、消化不良になって、食べ物を食べた場合には、体内酵素のほとんどが消化酵素に割り当てられることになります。

 

代謝酵素よりも消化酵素を優先するといった状態になると食事によって消化酵素を多く使われた場合には、その結果代謝酵素が不足することになります。

 

代謝酵素は吸収した栄養素をエネルギーに変換し、細胞を修復し、身体のバランスを整える重要な役割を持った酵素です。

 

代謝酵素が正常に働かなければ老廃物の排泄機能も低下し、細胞の生まれ変わりも上手に機能しないので、便秘や肌トラブルをはじめとした数々の体調不良の原因となります。

 

また、代謝が低下するので、ダイエット効果も期待できない状態になります。

 

ダイエットを成功させるためには、「酵素」を摂ることが、いかに大事かがこのことからわかります。

 

 

次に、腸内フローラの話をします。

 

腸内フローラ

ヒトの腸には400〜500種類以上、約100兆個にもおよぶ多種多様な腸内細菌がいますが、種類ごとにまとまって生息しています。その様子が、まるでお花畑のように見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。その腸内環境をバランスよく保てるかどうか、私たちが健康的に生きていくためのカギがそこにあります。

 

 

みんなが抱える悩み

乳児の腸内は善玉菌でいっぱいですが、成人から老年期になるにつれて減少し、一気に老化や生活習慣病をもたらす要因になってしまいます。

 

食生活の欧米化が進み、脂肪分の多い肉食が増えたことで、腸の老化は若年化しているともいわれています。

 

便が腸内に長時間とどまると、悪玉菌によって腐敗してしまい、腐敗が進むと発がん物質をつくりだすこともあります。

 

またストレスも自律神経のはたらきを乱し、悪玉菌を撃退できなくなり、免疫機能の低下につながります。

 

とくに女性が気がかりな肌の調子、美肌の秘訣にも腸が大きく関わっています。

 

悪玉菌が増加するとアンモニア硫化水素をつくり、それらの処理に肝臓が疲弊し肌あれを引き起こす原因にもなるのです。

 

 

腸が元気になると体も元気に

食べ物が消化され、体内に吸収するかを最終判断する場所が腸です。

 

その機能が正常かどうか、それがヒトの健康を守るうえで大事となってきます。

 

ヒトの腸には、全身の約60%の免疫細胞が集中しています。

 

プロバイオティクスは、整腸や腸の善玉菌を増やすはたらきがあり、便秘や下痢、食中毒の予防効果があります。

 

 

プロバイオティクスとは

 

プロバイオティクスとは、腸内フローラのバランスを改善し、カラダによい作用をもたらす生きた微生物のことです。その代表的なものに乳酸菌やビフィズス菌があります。最近ではさまざまなプロバイオティクス商品が開発され、店頭でもよく目にするようになりました。

 

プロバイオティクスは、人間に利益をもたらす善玉菌を指しています。生きたまま腸までたどりつき、そこで産生する乳酸などの代謝産物が、ヒトにとって有益な健康効果をもたらしてくれます。

 

乳酸によって、腸内が酸性になることで悪玉菌の増殖は抑えられ、有害物質が減少します。

 

腸の機能が活性化され、消化吸収が促進されれば、便秘や下痢の解消・予防にもつながります。

 

ただし、プロバイオティクスは種類によって、胃酸や胆汁酸に弱いものもあるため、その効果をより高く発揮させたいなら、生きたまま腸まで届くものを選びたいところです。

 

 

食物繊維の役割

 

腸内から体を支えるのに不可欠なのが善玉菌です。

 

この善玉菌となる「乳酸菌」が活躍するためにはこの善玉菌をサポートする栄養素、「食物繊維」がたくさん必要なのです。

 

 

 

詳細をご覧になりたい方は

 

 

下の公式ページ(画像)からご覧になれます。

 

(公式ページ)

 

読んでいただきありがとうございました。